バーチャブログ? バーチャブログ!

魂のレジ打ちをしていると幼稚園児以下と思われる子供を「お前」呼ばわりする母親。何があったかは知らないが到底理解でき無いと思われる言葉で抑圧的にまくし立てる母親。
ヘイ、私は子供を育てたことは無いですがそれは違うんじゃないかいと言いたいところですが私が言うのは値段とポイントカードの有無だけです。
言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

そんなこと思っていると携帯に神楽坂さんからメールが秋葉レジャランの公式があるとのこと。あー、バイトだから行けねぇなぁ。(というかバイト中)と思っているとその後の飲みもあるとのこと。わー、行く行くーと返信すると飲みだけの参加は可哀想と心配される私。
えっ、飲みだけの参加は可哀想なんですかね?
よくわかりませんが自分で行くと言うのですからかまへんでしょう、と。
ははぁ、これが神楽坂特製の深読みですかね

バイトが終わって速攻をかけて秋葉原まで50分ぐらいで到着。これは凄い。投げスカりにPK返すぐらいすごい。(40分で着くと15F確反にシャドウを返すぐらい)
神楽坂さんがRD(ロケットディスチャージ)で来いと言うのでインパクトした際にRDP(フライングクロスチョップ)を打っときました。本当はデジャヴが理想です

何か店が閉まっているということで移動する面々
ここで初めてお会いするさららさんにサツアイ(挨拶)する。ナイスガイじゃないですか。何で「青春の館」メンバーなんだ(ぉ

ぷらぷら歩いて辿り着いたのはトゥモロービル。このビルには階ごとに飲み屋が入っていると言う東京ではありふれた(?)スタイルなんですがどれにしましょうか。まぁいいよ適当で。という流れで「甘太朗」に決定

その店は下駄箱スタイルでした。忌まわしき記憶が否応にも蘇ります。しっかり鍵を閉めているところを丸投げさん写メられてから中へ入ることに

今回の布陣。(瀬戸くんの所からパクって拝借してきた)
神 さ 丸
ル ブ ー テ
雷 瀬 L

とりあえず飲み物をということで注文を取っていく。何故か丸投げさんが瀬戸くんにジンジャーエールを頼む

待て。それは私の飲み物だ

乾杯の音頭を頼まれたのでさららさんの免許取得に乾杯をした。わー

丸「6杯飲まんと、挑腕(チョウワン:236P)出ぇへんからのぉ」と言いながらハイペースで空けていく。それに何故か同調するさららさん。何故だ

食え喰え。とばかりに注文する我ら。というか私か。魚介類の有無を確認する丸投げさん。あ、ダメなんですか。北海道に行ったら生キャラメルばかり舐めることになりそうです(ぉ

だいたいこの飲み会は丸投げさん中心に進んでいったと考えていいでしょう。
ダンサーインザダークは私と丸投げさんとの協議の結果、鬱映画に相違ないということで決定しました
マルコヴィッチの穴はどうだろうかw

さららさんは丸投げさんから一子相伝の何かを伝授されていました。それはもうとても長く。こっちの話が一区切りついたと思ってもまだ話していたりしましたからね。やれ、ああいう系はどうのこうのと

さららさんの傷心は周りの方々いわく大したこと無かったらしい。なーんだ。というか面白山氏のところにあんなダイイングメッセージまがいなものを残すのはいかがなものか。「拉致?」と思いましたよ

LOWさんのスマイルっぷり、マジパねぇ

経緯は忘れたが丸投げさんから漫画「14歳」の名作っぷりを語る。これには私も同意。
しかし、チキン南蛮売ってる弁当屋に置く漫画ではない。

ここら辺で神楽坂さんの意識が朦朧としているのに気づく。何か生返事しか帰ってこないし。さららさんと話してる(?)神楽坂さんに話を降る丸投げさん。当然返事は返ってこない。
丸「聞いてんのか、神楽坂―!」
神「二人同時に言われてもわかるわけないじゃないですか、ぶつぶつ・・・」
これはひどい
神「実はぼくねぇ、こういう事態も想定していて店で売っている携帯の充電器と電池を持ってきたんですけど、自分の方が先に電池が切れちゃいましたねぇww」
さららさん、ドラスマ打って壁コンへ行きましょう

瀬戸くんが地元でプレイしていた時に綺麗なお姉さんがVFをプレイしており、やってみるとえれぇ強かったらしい。それで話しかけがてら誘ったらしいが
「私に勝てるようになったらね」

と言われ、結局それ以来未だに会ってないらしい。

瀬戸くん・・・このメンツで遅れを取るまいという姿勢は立派だけど、嘘はいかんなぁ、嘘は。
それ何てエロゲ

しかしその話に興奮し私のフェティシズムを引き出させたその働きは首級ものであったことでしょう
・・・飲酒ゲージが上がると言わんでいいことまで喋ってしまうようです

電車?もう無いですよ。そんなもの(ぉ
というわけで丸投げさん【民宿】泊めてください。(ひでぇ
JR沿線の住民でない我等はローカル線を止められたら身動き取れんのです
本当にいいんですか?ありがとうございますー

瀬戸くん、さららさんもご同行決定

というかさららさんはノリ半分な感じでしょうか

さぁ、靴を取り出そうとするも上手く鍵が開かない。否応にも蘇る忌まわしき記憶。再びキリの出番かと思いましたが引っかかっていただけでした。

駅で神楽坂さん(就寝)とLOWさん(スマイル)と別れ私たち一行は丸投げ邸を目指すことと相成ったのでした。果たして丸投げ邸に待ち受けるものとは



飲み途中
丸「ライライケンさんはゲームとか漫画とかでタイプなキャラとかはいないの?」
雷(へべれけ)「あー、タマ姉とかですかねぇ。はっはっは」
丸「たまねえ?」
雷(酔いどれ)「とぅーはーとですよ。とぅーはーと。がっはっはっは」
ググる必要は0です
 |  | 

Copyright © 2009雷々軒 All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k