ニコニコ動画presents figmaビリーヘリントン来日記figmaトークショー(3/3)

これまでのおはなし:兄貴に音は不要

徹夜組と始発組の小競り合いがあったとは露知らず己の不甲斐なさをRNに込め
「だらしねぇ雷々軒」としてプレイすることに
すると別に大会でもないのに秋葉セガに人が集まってくる
ワンホビ9の集客力は凄まじかったようです
もうただでさえ狭いバーチャスペースがさらに狭く
秋葉セガさん配置を前のように戻してくだちぃ
あとあの自販機は頑なに1000円札を拒むので鍛え直してあげてください

プレイしているといきなり神楽坂ウルフさんが乱入(メテオインパクト)
まぁ、いきなりだから「乱入」と言うんですよね
乱入するぞー、乱入するぞーでは乱入とは言えないですし
何の話でしたっけ
そう。神楽坂さんがいたんですよ
事前にメッセージを残していたそうですが(エントリーかと思いきや面白山さんへのレス)【しかもそれが機能するというのだから驚きを隠せない】
私も驚きましたが向こうも驚いたようです
そりゃそうです。開店幾羽も経ってないゲーセン。しかも秋葉で逢うんですから
これも兄貴の御加護ということで
自分のレイフェイが葵に降格させられ(葵の方を上げたんだっけ?)苦悶の表情を神楽坂氏に向けると神楽坂スマイルをいただきました。あざーす。

するとしらす氏、ツトム両名がやってくる
これは別に兄貴の加護でも何でもないですね
というか来るとは思わなかったw

しばらくすると口ひげ紳士の方に挨拶される
思わず「こんにちわー」と返したが私の頭上には大きな「?」が
マスクをしていたから誰かと勘違いされたのかなーと思いつつその場を離れた紳士を目で追い続ける
「大きい・・・ヒゲ?・・・神楽坂さんと知り合い・・・影・・・大きい・・・でかい・・・」
JEFFRY OR DIEさんじゃないか!!1
前回あった時にはマスク姿だったため全然わかりませんでした
改めて挨拶に伺う
んー、ナイスなヒゲですね。自分も髭ボーボーでしたがそれは遭難者の雰囲気でした

更にはバーチャLOWさんまで
いやはやこういうことになるとは
偶然って怖いですねぇ

各自対戦を楽しんでいるとおあだいさんと神楽坂さんとの重量級マッチが始まってました
わからせられたのか敗退した神楽坂さんから「お願いします」とヘルプが
舞台を設定されたら役者は出なならんやろ(?)
いざいざいざー!

・・・本当はここに動画を置く予定だったんですけど保存されておらず
ちゃんと癖つけておかないといけませんねー
仕方ないので文章でお伝えしなければ

ジェフリーは怖いからね。細かく攻めるよ
攻撃力が高いからね。硬めに守るよ
ベシッ(被弾)危ないからね。守るy

『ぬああああああああああああ』
 (トーキックスプラッシュ)

またしてもおあだいさんのトースプの餌食になり頭を抱える私
対戦は何とか勝ちましたが再び喰らってしまったトースプに心をえぐられておりました
次回は貰わないようにしよう・・・

とりあえず秋葉原編これにて了

  ニコニコ動画presents figmaビリーヘリントン来日記figmaトークショー(2/3)

前回までのあらすじ:私は始発に乗るべきだった

コミケや数々のイベントをこなしてきたであろう歴戦の猛者たちに対して準備不足だったことを痛感していると10時をまわり続々と開店時間に
ゲーセンもその一つでありクラブセガ秋葉原に行ってみる
他にもやっている人が居てそのモチベの高さに感心した
レイフェイの段位上げたいなーと思ってやると逆にスコスコにされる
/(^0^)\

そろそろイベント開始時刻なのでクラブセガを出て大型モニターの前へ移動する
ビッグブリッジの死闘(違
黄色の丸がモニター
イメージ図
※画像はハメコミです
青い線が入場待ちの行列
赤い線がモニター見物の列

緑の丸は後述


入場待ちの列は連絡橋のものしか記していませんが実際は入り口前、橋の下など恐ろしい人数が並んでおりました
開場時刻でこの列
モニター側から駅の方へ

私が愛読しているニュースサイトHK-DMZ PLUS.COMの管理人の茄神 緑さんもこのイベントに参加されてたようでこの行列にも並んでいました
実際に並んだ人の意見は貴重なんだぜ

自分も赤い列に加わりモニターを眺めていました
なぜこの場所かと言うと単純に見やすいのと、音量がモニターの大きさの割には小さく(スピーカーの指向性が強い?)のでここじゃないと聞こえないからです
その雰囲気を察してまぁ人が集まる集まる
このまま見れればベストなんですが入場待ちの列とも相成ってそんなに大きくも無い連絡橋は混雑してきました
たまらずスタッフーがスピーカー片手に『立ち止らないで下さーい』と参上
雷「やっぱりね(スタッフ登場)」と私は左方の緑の丸へ移動し始めました


このような好条件をみすみす離れまいと他の方々は移動せず
動いたのは知る限り私だけでした
まぁ、あのスタッフのお願いを聞くのはチキンな私ぐらいなものでしょう
その移動の際にも日立製作所の方へ行ってしまい再び罪を重ねかけました(いかん、危ない危ない危ない)

結局地上から上のモニターを見上げる形になったわけです
見える分には問題は無いんですが先ほども言ったとおり音は聞こえないのです
セルフミュートと化したモニターをしばらく見ると兄貴登場!
兄貴の一挙一動に沸く周囲
しかし突如画面がCMに変わる
雷「やっぱりね(放送中断)」
橋の方を見上げたのですがもう人一人が通れるぐらい混雑していたようでした
そりゃ止めるしかないでしょう
その後スタッフから中継中止のおしらせ

んー、スタッフのお願いを聞かなかっただらしねぇ方々も方々ですが
やはり運営側もだらしねぇと言った所でしょうか
大型モニターで見れることを事前通知しておきながらこの対応ですからねー
ある程度の予測を立てて欲しい所でした
会場の中は中のほうでやはりだらしなかったようで
生放送の録画を見ましたが結局歪みなかったのは兄貴だけだったという印象でした

運営側も不手際があったことを認識してたようで
謝罪のコメントがありました
松戸駅から走って1分

次回はより良いイベントが開催されることを願っております

兄貴来ないなら行かないけどね!(まさに外道)

結局行くあても無いまま最強とんがりコーンを片手に(ここ笑う所)
秋葉セガへの階段を下りて行ったのでした

※追記
徹夜組がいたようです
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm6142619
これは駄目だ

 ニコニコ動画presents figmaビリーヘリントン来日記figmaトークショー(1/3)

2月14日午前8時
秋葉原駅 電気街口
そこを抜けた先に待っていたのは

階段の向こうへと列は続く


4000人の行列であった
慢心など無かった
開場は10時から
整理券の配布もその時間からだ
『この時間で間に合うはず』
しかし眼前に広がる現実はその思惑を打ち砕く
油断・・・?俺の心に隙が・・・?
『俺が兄貴を一番愛している』
その考えが間違いであった
行列の中には老若男女問わず並び
その手にはとんがりコーン
聞こえるのは「歪みない」「だらしない」「仕方ない」の三信
嗚呼、俺はとんでもない過ちを犯していた
兄貴は俺の兄貴ではなかった
みんなの兄貴だった
この後も兄貴を慕い、続々と兄弟たちが集まってくるだろう
5000人だろうが10000人だろうが関係ない
兄貴の包容力はそれを持って有り余る
大きい・・・何と大きい・・・
それを俺は・・・
愚かだった。あまりにも愚かだった
俺にはステージの兄貴を直接見る資格は無かったのだ

なら出待ちを狙おう


兄貴がトレーニングで鍛えているとは言えここまでランニングで来たとは考えにくい
公共機関は使ってないだろうから恐らく車で来たのだろう
駐車場は・・・地下だな
兄貴が乗った車とは言えきちんと出口に行かなければ道路へは出れない
大型デパートでもないので出口は・・・うん。一箇所
あとは兄貴車の目星がつけばベストだが
B3F、B2F・・・うーむ、当然だがわからん
しかし車の量が多いなぁ
歩行者天国が規制され駐車場があると知った兄弟が利用しているのだろう
歪みねぇな
B1F・・・お、痛車がある。アキバだしねぇ
しかし、これは・・・
兄貴の痛車!
ビリーの顔のプリントに「I love Billy Herrington」の文字
フロントガラスには木吉カズヤと兄貴のツーショット写真
と、何故かプロボクサー証明書
凄い兄弟がいたもんだと思った所にふと、ある考えが頭をかすめる

・「何人ぐらい並んでるんですか?」「ここが最前列ですか?」と情報を係員に聞く
・イベントが行われる建物
・黒のジャケットに眼鏡にマスク
・付近をウロウロ
・駐車場をウロウロ
・何か色んなものが入ってそうなバック

あれ?これ車上荒らし?

人間万事塞翁が馬
疑われる前にスタコラッサッサだぜ

イベントが中継される時には必ず帰る約束を己の心にし
局部がバンソウコウなどで隠された抱き枕が並べて展示してある店を通り過ぎながら
開店前の活気が出つつある商店街に一旦身を退いたのでした

 最強♂とんがりコーン

雷「すいません、14日休みもらえますか」
シフト作成の人「おっ、誰かと会うのか(ニヤニヤ)」
雷「えぇ。1969年7月14日、ニューヨーク州ロングアイランドに生まれ、
幼少時より元アメリカ軍人の父の道場で空手を学び、
高校卒業後ボディビルを始め、ボディビルコンテスト"Real Men of the Month"で優勝し、
同時期にガールフレンドがヘリントンのヌード写真をPlaygirl誌に送ったところ、ポルノ雑誌ColtのJim Frenchに目を留められ、
24歳の時にニューヨークに移住。colt誌のモデルとなり、1998年のColt's Man of the yearに輝き、
その後初ポルノビデオ"The Big One"に出演。以後ポルノ業界のスターとして、ビデオ作品、雑誌モデルとして活躍し、
2000年にホットメン・クールボーイズ(デンマーク、ゲイポルノ作品)で映画初主演を果たし、
2008年現在、ポルノ俳優は引退し、
ちなみに彼氏も嫁さんもいるのでバイセクシャルである。ビリーヘリントンを見に行くんですよ」

言えるかこんなこと


雷「いやまぁ、フヒヒww」で誤魔化しました

その後とんがりコーンを買って
自分で買ったのは初めてではないだろうか 

描いて
結構すぐできるんだね

切って貼って
仕方ないね


41236P


クオリティの低さは否めないが大事なのは気持ちだと思うんだ
しかし300人とは・・・
誰

 |  | 


Copyright © 2009雷々軒 All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k