旅は道連れ(相打ち的な意味で)

POPY杯に出ることになりました

秋葉原に集合ということでマックにて夕飯を取ることに
奇しくも出発日はタツタとお別れの日
最後の晩餐というわけです
頭の中ではどう食べてやろうかリハーサルが行われていました

雷「へい姉ちゃんチキンタツタセットくれないか」
店「申し訳ございません。完売してしまいました」
プッツン

【理想】
「それが今からカップ戦へ向かおうとする人への対応か!シェフを呼べ!」

【現実】
「あ、そうですか。チキンフィレオ一つ」
※心象風景
無念


後でその話を聞いたフェルナンディオさん
フ「別の店に行けばよかったんじゃ」(秋葉原には4つほどマックがある)

その発想は無かった

集合時刻より大分前に秋葉CSに居たため危うく旅費が無くなりかける
天雷さんとお話したり越後くんと新潟を語り合ったり(?)

時間となりオトナ帝国全員が集合し車のほうへ向かうことに
道中のレジャランにてトイレ休憩
クラブセガのトイレはカオスすぎるのです
なぜかアイスを購入していたフェルさんと華さん
東京とは言え秋の夜風が涼しかったのですけども
あと背筋測定ゲームのBGMがやかましかったです

コンビニにて物資調達
「店員がすごく大きかった」
と語るカルティカさん。高身長説、台の上に乗っかっている説など議論が交わされたが真相はわからずじまい
店の外にて「モノアイアイス」というものにフェルさん心惹かれる3倍
「モノアイス」にした方が語呂が良いと思うのは私だけでしょうか
このコンビニ何故か冷凍庫が店外にあったのです。誰の手にも取られず霜が張り付きまくっているハーゲンダッツが物悲しい

乗車
BGMはバーチャ一式に染めてやるぜと意気込んでipodに入れたものの結局プラグらしきものが見つからずBGM終了のお知らせ
サイトで見たのはカスタム専用だったのか
−わしのCDは108枚まであるぞ
フェルさんが自宅からえらい量のCDを持参していたのです
これは新潟どころか九州まで行けるレベルですね

チェックポイント
高速道路にてどのSAで休憩を取るかということに
ここにて今回の小目的が「雷々軒にもつ丼を食べさせる」のさらぽあさんが連絡を取りその場所を確認する
さ「赤城高原ですね」
ざわ・・・ ざわ・・・

高速道路
ウルトラハイパーメディアクリエータードライバーカルティカさん運転のもと
本州を縦断
秋葉原CSにていわゆる「松戸勢」の方々が居たので
「もしかして居合わせるかも」と言いながら中間地点にあたる赤城高原に到着
連休初日で車中泊の人も多いのか深夜にも関わらず駐車スペースが見当たらないのでとりあえず一周することに
ん、あれ、ここいつの間にか出口のような
ただ走っていただけなのに・・・!
ずぶずぶ
※それカイジ
何とか駐車することができました
ざわ・・・じゃなくて寒ぃ
吐く息が白かったです

邂逅
虫除けのために設置された扇風機(強)をくぐりぬけ店内へ
食券売り場にて皆さんが選んでいる中さらぽあさんが一枚の食券を私にくれました
「もつ煮丼」
最近のSAは進んでいて食券を購入すると自動的にオーダーが行くようになっているのです
ホルモン好きな私(『こてっちゃん』は認めない派)ですが果たしてもつ煮丼とはいかなるものか
もつ煮何するものぞ!
って何か皆さん盛り上がってますね。どうしたんでしょう
まさかのゴキブリとの遭遇です
いやいやSAは清潔に保たれているので虫は出ませんよ。虫除け扇風機もありましたし
チーム『ゴキブリ』(すごい名だ)の内の
シャークさん、鮫島さん、すもっちゃさんでした

イートイン
できあがるモツ煮丼
果たしてさらぽあさんを悶絶させた実力とは
拾い物

この盛り付けから一度混ぜてしまったほうがいいなと勝手に判断
外観を損ねないようかつ若干むらができるような感じでこねくり回す
ふむ。こんなもんで
ではいただきます
ツンバカ

さ「どうっすか」
雷「・・・普通ですね」
さ「えっ」
雷「むしろ好みに入る部類です」
さ「辛くないですか?」
雷「無いですねー」
『きっと改良されたんだ』ということに
というかさらぽあさんは相当運が悪いときに食べてしまったのではなかろうか
そういうことでモツ煮丼ノーインパクトでフィニッシュです

レッドデモン
SAに来たらフランクフルトを食べるのが私のジャスティス
頼んでいるとソフトクリームを頼みに来たカルティカさんが
カ「トマトのソフトクリームがあるよ」
またまた〜
私がトマト嫌いだからと言ってそんな事を
あるし

世の中にはクレイジーな食べ物もあるもんだと報告する
雷「フェルさんトマトソフトというふざけた物がありましたよ」
フ「じゃあ買ってくるよ」
NO!

そういうつもりで言ったんじゃないですよ!
え、そういうつもりじゃなけりゃ何で言ったのかって
それもそうだ
フ「はい」
雷「う」
えぇい、毒食わばコーンまでこうなればままy亜qwせdrftgyふじこlp;@
私のリアクションに一同大爆笑
新ジャンル「トマト食い芸人」が産まれるのもそう遠くはありません

・・・しかも中までみっちり詰まってるし
フランクフルト頼んでいなければ即死でした

リフレッシュを目的とするSAでストレスを溜め込んだ者を一名出すことになったオトナ帝国
新潟まであと半分です
 |  | 

Copyright © 2009雷々軒 All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k