ほぼ一月前のことが脱稿

何かクリームが乗ってた しかもお高め

前回張り忘れたミーティングの様子
えー、シャウエッセンコーヒー(ぉ
新しい携帯に慣れておらず指が写っております

話がまとまり地上へ出て若干立ち話していた際に大山ニュートンの向かい側に位置するローソンへ次々と強豪プレイヤーが酒を買い求めていた光景が繰り広げられていた

そして何と「ときめきはいすく〜る」でもあるシロクマさんも車を出して下さるということで分乗してオープンバトルが行われるセガワールド青井を目指すことに
さしずめシロクルマと言ったところでしょうか

カルティカーには私とLOWさん
シロクルマにはフェルナンディオさんと神楽坂さんという具合でした

しかし初めて行く所なのでVFNETで住所を検索しカルティカーナビに入力して向かうことに。
VFNETで店舗検索をできるのはいいんですけど、店によっては住所しか書いてないという何とも味気ないところもあるので、せめて最寄り駅からのアクセスとかも書いて欲しいですね

ドライブといえばカーラジオ。そのラジオに耳を傾けると東○神起の曲が流れていました。
カ「あー、どうでもいいなー」
チューニングを回すカルティカさん
とりあえず音楽が流れているのをご所望の様子
あっ、歌が流れてますね。これにしましょう
DJ「お送りしたのは・・・でした。さて次のリクエストは東○神起で・・」
もうええっちゅうねん

お、華さんからメールだ
「カルティカは運転中に眠るので寝そうになったらポールシフトでもして下さい」

パーキングにシフトします

その後カルティカさんが花見したところを過ぎ、このゲーセンにはバーチャがあるけど誰もやってないなど、LOWさんの職場が近くだの、神楽坂さんの家はこの辺りじゃないかだの言いながらカーナビからアナウンスが
『まもなく目的地周辺です。案内を終了します』
以前レンタカーにカーナビがついていた事があったので利用したのですが、何でカーナビって目的周辺になると見放すのでしょうか?
初体験の地をカーナビ一つ頼りながら進んできたのにゴール直前に突き放すのはあんまりじゃないですか。そんなことされたら車内は騒然です。
どこだどこだと辺りを見回しながら走行するカルティカー

L「僕は前に行った事があります」
天啓!
雷「ん、このソニックがいる建物。それっぽくないですか」
L「あぁ〜、こんな感じだったなぁw」
オアー!

バーチャの台が置いてあるところへ向かうとシロクルマ一行は先についていました。地の利は向こうにあったか
華さんと珠未さんもいましたがここへ辿り着くまでに六町駅から30分ほど歩いたようで既に疲労困憊
珠「駅前にライフしか無いんだよ・・・」
呪詛のようにつぶやいておりました

オープンバトル前にカルティカさんとの破戒僧対決


オープンバトルの結果は4ケタ
 

巨悪自重

オープンバトル終了前に神楽坂さんとLOWさんはお帰りに
駅へ向かう途中神楽坂さんからの遭難報告が届きましたが無事着いたようです

大勢が決した所で隣接するジュリーパスタで遅い夕食をとることに
カ「何かさっぱりしたのは無いかな」
雷「和風パスタとかそんなのじゃないですかね」
カ「いや食べてる人がさっぱりに見える奴」
無いです

華さんが頼んだピザに温泉タマゴのようなものが乗っかってました
華「まるでOPですね」(オフェンシブ)

シロクマさんが終始口数が少なかったのは疲労のせいだと信じて止みません

スパゲティを食べる前に決まっていたのですが、当然ここから房総半島へ渡る公共的手段は断たれていたのでカルティカーのお世話になることに
カ「いやドライブ好きだからさ」
私に気を使ってくれたのかと思いましたが華さんのエントリを見る限り
マジでドライブ好きだったようです

帰りの車中で面送会が3日後という事実にぞっとしないまでもなく
カーラジオからは「となりのトトロ」の「風の通り道」が
わかりませんか?タタタタタン タンタタタ タタタタタン タァンタタタというやつです。いやウンタンじゃなくて

千葉へ近づくにつれてホテルがちらほらと現れるようになり
珠「千葉はホテルが多いねぇ」
雷「失敬な、まるで千葉が如何わしい所みたいではないですか」
さらに道沿いに続くホテル、ホテル、ホテル
雷「すんません、如何わしかったです」
その後ゲハゲハお下品トークもしたりしなかったりで
途中地元民である私がいるにも関わらず細道に入るアクシデントがありながらも最寄り駅(家から5分)まで送ってもらいました
その節は本当何とお礼を言えばいいやら

そして3日後の面送会で再び会うことを誓い、お別れをしたのでした
 |  | 

Copyright © 2009雷々軒 All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k