動画が早く出来て欲しい時に限って出来ない

何だか面白山氏と神楽坂さんがレポートの方を一番年下である私に丸投げしているようですが物事には順序というものがあるのです
あの夜のことを語るにはこの後もう1つエントリを挟む必要があるのです




イチローがほぼイキかけた3月24日
WBCの興奮冷めやらぬまま私は東京へ繰り出すことにしました。
相変わらずの突発行動にとりあえずエントリだけ残して出立
寄ろうと思っていたところに寄らなかったり、寄らないと思ったところに寄ったりして結局行き着いたのはクラブセガ秋葉原
いたのは神楽坂ウルフさん
もう特にコメントはありません(ぉ

お互い対戦していたのですが私の場合は舜にボッコボコにされたので、特殊称号「(笑)」をつけて「強者(笑)」みたいになんないかなと思いました
そして1000円札は入らない

しばらくして神楽坂さんは一旦用事を済ませてから再びどこかしらのゲーセンに行くとのこと
それがどこかは本人にもわからないというランダムっぷり
神楽坂さんが去った後、私もどうしようかとVFNETを見ているとカルティカさんがモンタナでプレイしている様子
久々に巨悪イズムを体感したいと思ったので有楽町へ

ここで山手線にて有楽町とは逆方向に乗ってしまう
山手線は一度乗り過ごしてしまうと一周しなければいけないという伝説が・・・

有楽町は東京の方
今度からはこう覚えましょう

到着。最近本当に良く来るなぁ。アイポッドストアに行ったときにはこんなこと考えもしなかったが
今回は完璧に有楽町駅銀座口から出たためモンタナは目の前
今日はどのキャラでプレイされてるのかなー、と思って2階へ上がってみると

居ねぇ


厠かな?と思ってしばらく待ってみるが現れる様子が無い
そう言えば聞いたことがある・・・カルティカさんは直ぐ帰ってしまうと・・・
前にモンタナであった時には結構遅くまでいた記憶があったのですがあれはたまたまだったのでしょうかw
いかんせん腹が減ったので駅前(駅隣?)の吉野家にて牛丼並(紅ショウガ少量)をヤ(ーチ)ケ食い
(ヤーチケさんはいなかった。カルティカさんの証言だとWBC決勝だから有休取っていたらしいですが果たして真相は)
以前にもここには寄ったのですがお盆にふきんで拭いた後の白い線がはっきり見て取れるのはきっと消毒薬かなんかなのでしょうねぇ。まぁ今こうして普通にいるということは問題ないということなんでしょう(ぉ

今さら移動するのもおっくうなのでモンタナに腰を下ろすかとモンタナに戻る
すると葵使いのRNに見覚えが「修羅覇王お母さん」というかこのRNインパクト強すぎて忘れにくいですよw
ディープインパクトした後サツアイ(挨拶)する。ネット上での絡みは無かったので「あのけしからんウルフが」「あのウルフが」「けしからん人が」という神楽坂さんを経由する形で話が進みました。
ありがとう神楽坂さん(ぉ

その後修羅さんから別の台でプレイしていたやぢるさんを紹介される。組手に参加されていたのに把握しきれておらずその節は失礼をば(汗

やぢるさんはパイ使いでして、その時はパイの新コスを着けていたのですが修羅さんが
修「このパイのコスチュームって露出少ないですけどエロいですよね」

シェイクハンド


そのやぢるさんと対戦。何とか勝利
やれやれだぜ
銀球100個ゲット。いやはや、やぢるさんすんません


その次には修羅さんと対戦。修羅さん勝利
コーラ飲むとゲップが出るくらい確実
修羅さん銀球100個ゲット。

SEGAさん、それじゃあやぢるさんがあまりにも可哀想ではないか!
やぢるさんにはもっとエロいコスをしてもらわねばならないのに(ぉ

そんなこんなで修羅さん、やぢるさんともお別れ。いやーこんな出会いがあるとはわからないもんですね

林先輩がモンタナに寄るという連絡があったのでしばらく待機。神楽坂さんからはツインスターには言ったが過疎っているということ。ツインスターも一味変わった店舗ですね

フェルナンディオさんが言ってた通りアウェー感をバリバリ味わっていると林先輩(E:ipod)が到着
仕上がっていると評判の10段舜を挿し
林「段位戦やろうよw」
ここでつい最近ゾンビになったことを林先輩に報告。残念がる林先輩
いやー、私も大変残念。取っておこうかとも思ったんですけどねぇ
林先輩舜と強者戦でもやってごらんなさい
100%負けるっちゅうねん


他の称号の人対戦したりしてる中
お互いの体力少ない中、私がブレイズの6PKを打ち切ったのをガードされて死亡
林「何でパンチ、ロー(P2K)出さないのw」
とダメ出しを喰らう
違うんです、それを出そうとしたんですが間違えたんです。という酷い言い訳
その後林先輩ウルフとの2試合対戦
その内の第一試合がこちら


第二試合は何とか勝利
ここでタイムアップの林先輩は帰り支度
うーむ、できる人はダラダラ長居はしないということですね。わかります
日課のスポーツニュースを見ないといけないそうで、お別れの挨拶をする
その時私は、この後とんでもないことが起きるだなんて思いもしなかったのです
(林先輩自宅にて親指負傷)

さすがにこの後に飯田橋に行くほど体力は残っていなかったので私はそそくさと帰ることにしたのでした


次回「雷々軒、コスプレ店員の前で外回り会社員に罵られる」
この次も、サービスサービスゥ!
 |  | 

Copyright © 2009雷々軒 All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k