バーチャブログ! バーチャブログ?

丸投げ邸へ向かう電車内でギャザリング話で盛り上がるさららさんと丸投げさん。やべ、わからん
カードゲームの類はポケモンカードしかやったことないですねー
さららさんもやっていたので私が「夜の廃品回収」について熱く語ったが印象に残ってなかったようだ。
あらー?

「夜の廃品回収」とは
トラッシュ(使い終わったカードの山)から、ポケモン(または進化)カードかエネルギーカード(攻撃するのに必要なカード)【特殊エネルギーカード以外】を最大3枚選び、相手プレイヤーに見せてから、山札(ここからターンごとに引いていく)にもどす。その後、その山札をよく切る

というもう使えなくなったカードを未練がましく再利用し、かつそれをやらなければ次のターンで手元に来るであろう強力なカードを不意にする可能性を秘めた、みみっちぃ&ばくち打ちな私が好んだカードである(山札を切る瞬間がたまらんのよ)

最寄り駅につくと丸投げさんが「師匠に会いに行きますか」と
まさかあの・・・

(本当はここに師匠近影を載せようと思いましたが化石携帯が画像データが壊れましたとか抜かしてました)
画像ありました。よかった
師匠


ナチュラルに外にいる師匠。すげぇ
写メ撮りまくりの3人
その後シャレオツバーマスターの「一杯サービス」に甘える形で入店

お店の女の人に「この人たち何歳に見える」という話をふる丸投げさん
さららさんの方を見、「えー、23ぐらいかなぁ」と
丸「じゃあ、この人は」
はい私のターン
女「んー、22歳かな」

コロンビア


完全勝利。
充実スペイン・パリ9日間の旅ゲットです

話は変わり不評で仕方が無い「雷々軒」の由来を教えてくれと丸投げさんに言われたので、何故か説明会開催
実は私の実家が中華料理屋を営んでいまして





まぁ嘘なんですけど


そんなRNの流れでRNからイメージしてもらったカクテルを作ってもらおうという企画発動
「雷々軒」「さらら」で作ってもらうことにしました

丸「『雷々軒』は『雷』にくりかえす『々』で『軒』だからー」
マスター「えー?雷ぃ〜?」

どうやらここでも不評のようです
できあがったのがすげぇ黄色w
(できたカクテルを撮影したのですがデータが壊れt(ry)う〜ううう、あんまりだ…HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!)
ありました。良かった
「雷々軒」
左はトマトジュース 右は「さらら」


飲んでみるとスパーキングな味でした。シークワサーを使ったということで何やら因縁めいたものを感じましたよ。マスターが知ってるわけないというのに。
そして飲み代は丸投げさん持ちで、あらららら
丸投げ邸へのタクシー代も丸投げで、あんららららr
定例会の時にはこき使ってやってください

近所のコンビニで兵糧を調達する。丸投げさんが手にしたのはアサヒスーパードライ。飲むなー
如何わしい雑誌の前にてジャケットを観察するが、結局「ネット最強」という結論に至る

丸投げ邸へ到着。お邪魔します
厳選眼鏡フォルダを探すものの消去したくさいという報告にガチで落ち込む瀬戸くんはさておき
組手不参加のさららさんとPCの調子が悪い瀬戸くんとで組手動画「50」を鑑賞する

そして限られたスペースの中、当たり席をかけての限定ジャンケン大会勃発
ぽん。さららさん脱落ッ・・・!
ポン。雷々軒脱落ッ・・・!
勝者。瀬戸くん

就寝前に遠慮の必要は無しという丸投げさんの言葉。
ただしパンツは取らないでくれという明らかに個人向けという忠告を発する
そして貞操の危機を感じるさららさん。何だね、同じ部屋で寝ると困る人物がこの中にいるというのかね

すでにダウン寸前だったさららさんは即効夢の中へ
私は携帯でネット徘徊をしていましたが、3時ごろには就寝
瀬戸くんはベルセルクを読んでいた



7時起床
本をめくる音がする



当たり席の瀬戸くん徹夜(ベルセルク)





とりあえずモズクズは出たのかどうか確認する
まだらしい
「あっ、出てきました」
読み終わるぐらいで出てきたのか次の巻を探す瀬戸くん
瀬「18巻がありません」




モズキャン発動(行方不明により)


さららさんも目が覚め(二日酔い気味。飲みすぎである)
暇をもてあましていたので
丸投げさんのお言葉に甘える形でPS3起動
VF5verBです。
技出すたびに「あったなー」「懐かしい」とセンチメンタルな気分に浸る面々
ブレイズで旧3Pだしてみたり、6Kカウンターから4P+K>背後Kとか。いやーなつけー

恐らくPS3を起動していなかったら早めに行動を起こしていたかもしれませんが、時刻は正午に近づいております
さすがに、起こそう。と
先駆けの私が丸投げロフト(?)へのハシゴを登り丸投げさんを大ダウン攻撃ゆすり起こしにかかる。その時目の端に入ったのは黒本でした。寝る時のお供に黒本は最適かと

丸「んぁ、あ〜。何かいけない時間無気がする・・・」
前日あれだけ言っていた東京マラソンボランティアのくだりはなんだったんでしょうか
主を起こし、後片付けを始めるメーン
忘れ物は無いようにとお見送りを受けバス停まで行ったのですが

強風豪雨

その後地元に戻ると上がっていたり。一番酷い時に降られたようです

あと忘れ物ないように言われましたがどうやら私は灰色のハンドバック(?)を丸投げ邸に置いてきたような気がするのですが。いかがでしょう?

その後強風により低速運転をせざるを得ない電車に乗り本八幡でKOTをやり、久しぶりに船橋に行こうという事で乗り込み。
強者戦に付き合っていただき、晴れてゾンビデビューを果たしたのでした



猫村さん、いいなぁ
ハァ〜、シャボンがしみぃる〜、子猫のおひぃげよ〜、泣かないでぇ〜
 |  | 

Copyright © 2009雷々軒 All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k