面白山五十人組手 その四

そうそう組手の際に禁断のテレフォンショッキングを使った方がいましたね。誰だったでしょうか。面白山氏の番号を知ってる方なんて限られてくるでしょうから予想はしやすいですが
その電話攻撃も気づかれないという不発に終わりました。残念

二十七番手:くゆさん
まさかの逆賄賂(チロル)
何味のチロルだったのでしょうか。私的には「きなこもち」がオススメです

そしてこの五十人組手、政界も真っ青な賄賂贈答が繰り返されておりました
称号を相手するごとに面白山氏から繰り出される賄賂
気品溢れるチョコレートも面白山氏の手に掛かれば鈍い光沢を放つようになるのです

二十八番手:ようかんさん
まさかの目出し帽持参
静岡のルチャを舐めていたようです
ここは応援せねばと思い、ようかんさんの隣に配置する私。ブレイズの登場デモが流れます。
ブレイズ「Start Runnig・・・」
ようかん「Noooooooooooow!!!!
あなたが言いますか。
隣に居た私は素でビビりました。試合はようかんさんがかなり自由な感じで勝利。うむ。先行きは明るい
勝利後のようかんさんに次貸してくださいよと二番煎じ満々な事を言いつつ対戦台の向こうへ戻ると
えっ、仕込み?

これだけの大人数なら珍しがって見物客も出ると思われますがその姿勢がいただけないなぁと思ってみていると
いきなり立ち上がって作業着を脱ぎ始めたではありませんか

あらわになる上半身。現場で鍛えたのか顔と体つきが合ってないんですけど!あ、あれは大阪名物パチパチパンチ!?遠目から見ると何だかイクサガハ・ジマルさん(仮名)に似てるだから余計に仕込みかと思った
えっ、何してるんだ(片手腕立てをやってたらしい)あぁ、フェルナンディオさんが店員呼びに行った。というか面白山氏も対戦中かもしれませんが少しは逃げる素振りを見せてください。しばらくして闖入者(リアル総大将)退店

あまりの出来事に呆然としていると次は私の番ではないですか
気を取り直してようかん印の目出し帽を被りいざ対決。戦が始まる。

ベンジャミン・バニョ(SA)3−1(EL)だらしねぇ雷々軒
バガボンド


こ、こんなはずでは・・・
闖入者のインパクトと負けたことにより傷心状態になる私
エントリー順で進行していく面白山組手
体力を消耗してくるであろう後半戦にも銀プレートの称号などが迫ります
満身創痍の面白山氏
参加者を一巡するものの50戦までにはまだ若干の空きが

ここでリベンジマッチ開催のお知らせ
面白山氏に負けてしまった方のために再戦の機会を設けてくれたのです
悶絶している面白山氏を尻目に待ち時間の間に気力を回復させた私
そして思い出されるあの言葉
どう見ても30代じゃないですか(笑)
 どうみても30代じゃないですか(笑)・・・・・・・

我こそは、と一番に挙手

あいて は よわっている
チャンス だ ライライケン!▼


ベンジャミン・バニョ(SA)3−1(EL)だらしねぇ雷々軒
カラス「またかよ」


おおおおおおおおおおorz
その後も私が作った負の流れに続々と倒れていくリベンジャーの方々
いかん、このままでは・・・!
しかしここで華さんが華麗に勝利!
め、メシアあああああ!
(救世主)
最後は巨悪カルティカ氏が止めを刺し、面白山五十人組手無事に(?)終了〜
会場からは暖かい拍手が。いやー、なんでこんなことになったんだ(ぉ

次に始まるは特殊称号をかけた「面白山トーナメント」そして打ち上げを兼ねた飲み会です
いい加減長いですか?そろそろ終わると思います。次の次・・・ぐらい
 |  | 

Copyright © 2009雷々軒 All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k